クラウドPBX

しばらくこの分野、遠ざかっていたらたくさんのサービスがスタートしていた。

中にはOEM的なものもあるのだろうが、ざっと7〜8サービスは見つかる。

ぼくが2年前に比較検討し導入したのは、

ナイセンクラウド

というサービスです。

当時はNTT東西日本のひかりクラウドPBXまたはNTTコミニュケーションズのSMART PBXくらいが比較対象でした。

いまは03ほか固定番号が取得できるサービスも多くあり、

フリービットのモバビジ

03plus

CITVPlus

auの法人契約限定のFMCサービス、auオフィスナンバー

clocall(クラコール)

MOT/TEL

などが見つかりました。

まだまだありましたが。

新設法人においてビジネスフォンを導入するケースはまだまだ多いと思います。

電話がないってことに時代がまだ付いていけてない印象です。

時間も取られますが、電話がないことで機会損失もまだまだありそうです。

とはいえ PBXを入れ、オフィス内を電話回線を敷く必要はありません。

クラウドPBXで、スマートフォンやLANに繋いだ電話機が、子機になります。

オフィスや場所に捉われず、インターネットの向こう側に電話交換機があるイメージです。

 

※TOPの画像はこちらより引用させて頂いております。
https://it-trend.jp/pbx/article/explain

 

関連記事

  1. スマートロック

  2. 飲食店運営インフラサービス(RIaas)

  3. キャッシュレス20190502

  4. セサミ mini

  5. 静岡県キャッシュレスセミナー

  6. パソコンの分解修理

  7. 5月のおしごと

  8. NHKインタビュー