テーブルオーダー

気になっていったゼンショーが手掛けるトンカツ屋さん。 とても面白くタブレットによるテーブルオーダー、テイクアウトもタブレットオーダー。全席に設置。 オーダー方法はメニューが別にあり商品番号を入力する。 商品が表示される仕組み。 メニューの顔となるトップのUXを考えなくてよいから、これはこれはかなりアプリのコストパフォーマンスがよいのだろうけど、紙ベースのメニューを残すのはあえてだろうか。 最後の会計はこれは前から気になっていたセルフキャッシャーだが始めてみました。 なかなかデカいのでうちの店にはちょっとかな。 これからの飲食店の店舗作りの肝としては、働き手がなかなかいない業界でもあり、人件費を抑えるために、キャッシュレスをはじめとして、レジ打ちやホールのスタッフをできる限り減らして、お店の主となるところ、例えば接客や商品提供により注力すべきだろう。 とても参考になりました。

関連記事

  1. NHKインタビュー

  2. 登記ねっと・かんたん証明書請求

  3. LINE Mobile

  4. セサミ mini

  5. 街中店舗のインフラ環境

  6. Skype

  7. 5月のおしごと

  8. キャッシュレス20190502

よく読まれてる記事

  1. ngrok

    2020.06.10

  2. Amazonの配達

    2020.01.24